7.妊娠中の体重管理。太りすぎ、痩せすぎがもたらす影響!

07体重計

 

太りすぎも痩せすぎもダメ?妊娠中の理想的な体重増加とは

「妊娠したら赤ちゃんの分も2人分食べないと」と昔はよく言われていましたね。
でも、今は妊婦健診に行くと体重管理について厳しく言われることが多いのではないでしょうか。

太りすぎがダメなのはみなさんよく知っていると思います。ですが最近では若い人達の痩せすぎも問題になっています。
そして、妊娠中でも体重を増やしたくないとダイエットをしてしまう人もいるそうです。
ですが、体重を増やさなければいい!というわけではありません。
適度な体重増加は胎児の成長には必要です。

 

体重の増えすぎや増えなさすぎによるリスクは?

妊娠中の体重の増えすぎは妊娠高血圧症候群、巨大児、分娩時の微弱陣痛や大量出血などの
リスクがあります。
妊娠高血圧症候群が重症な場合は母体や胎児の命に関わることもあるので注意が必要です。

次に、妊娠中に体重増加が少ないことで起こるリスクとして、貧血、早産、低出生体重児などが
あります。
「小さく産んで大きく育てる」ということを聞いたことがある方もいるでしょう。
ですが、妊娠中の低栄養は胎児が将来生活習慣病になりやすくなるという危険もあることが
わかってきています。

 

理想的な体重増加は?妊娠前の体重別にみてみましょう!

では、一体自分はどのくらい体重を増やしても良いのか?

体重別にみていきましょう。
妊娠中の体重増加の目安は妊娠前の体重から判断します。
まずは、BMIという肥満の判定に用いる指標で自分の体重をみましょう。

《 BMIの計算方法 》
BMI(㎏/m2)=体重(㎏)÷身長(m)
体重55㎏、身長158cmの人なら、55÷1.58÷1.58=22.03となります。

自分のBMIはわかりましたか?早速、理想的な妊娠中の体重増加をみてみましょう。

妊娠前のBMI 区分

妊娠全期間を通しての体重増加

18.5未満 低体重(やせ) 9~12㎏
18.5~24.9 ふつう 7~12㎏

25.0以上

肥満

おおよそ5㎏**

*BMIがやせに近い場合は体重増加の上限を、肥満に近い場合は下限を目指す。
**著しい肥満の場合は主治医の指示のもと、個別に対応する場合があります。

理想的な体重の増え方はわかりましか?
体重も気にしながら、栄養をしっかりとって食事を楽しんで下さいね。

07食事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*