5.妊娠中に生ものは食べちゃダメ?

05刺身

妊娠中にお寿司や刺身って食べれないの?

妊娠したら刺身やお寿司などの生のもは控えましょうと聞いたことはありませんか?
妊娠前から刺身やお寿司が大好きでよく食べていた!という人にとっては辛いですよね。
では、なぜ妊娠中は生ものを控えた方が良いのか。その理由を探ってみましょう!

 

妊娠中に刺身やお寿司を控えるべき2つの理由とは?

一つ目の理由は食中毒です。
妊娠中は、免疫力が低下しています。そのため、普段よりも食中毒になりやすい状態にあります。

また、生の魚介類にはリステリア菌と呼ばれる細菌が付着していることがあります。
このリステリア菌に感染しても無症状のこともありますが、次のような症状な出る場合もあります。
高熱が出る(38-39度)、頭痛、関節痛などです。

さらに気になるのが胎児への影響。
妊婦さん自身が無症状の場合でもリステリア菌は胎盤を通過します。
そのまま胎児も感染してしまい、流産や早産、死産となる場合があります。

その他にも出産時に膣内で感染をすると、新生児の髄膜炎や脳炎、敗血症が起こることもあります。

二つ目の理由は水銀です。
近年、魚介類を通じた水銀摂取が胎児に影響を与える可能性があるということが懸念されています。

水銀は胎盤を通して胎児に移行します。胎児に移行すると、神経障害や発達障害をもたらす危険があります。
ですが、魚介類は妊娠中の栄養バランスの良い食事には欠かせません。

次のような魚は1週間に80gまでに留めて食べるのが良いと言われています。
キンメダイ、メカジキ、クロマグロ、メバチ。
また、すべての魚に水銀が多く含まれているわけではありません。

サケ、アジ、サバ、タイ、ブリなどには含有量が少ないのであまり気にしなくても大丈夫です。

05カルパッチョ

 

妊娠中に食べても良いお寿司は?

先程述べたように、生の魚は食中毒になる危険があります。
また、水銀が多く含まれている魚も避けるといいでしょう。

では、お寿司屋さんで妊婦さんが食べられるものにはどんなものがあるのでしょうか。

例えば、ボイルされたエビやタコ、炙ってあるもの。
また、たまごやアナゴなどの調理済みのものも良いかと思います。

さらに、わさびを一緒にとると殺菌作用があるのでいいですよ!

妊娠中は何かと食事に気をつけることが多いですね。
お腹の赤ちゃんと自分自身のために楽しみながら食事をして下さいね。

05ちらし寿司

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*