4.妊婦だってコーヒーが飲みたい!カフェインが胎児にもたらす影響とは?

04コーヒー

 

そもそもカフェインって何?

学生時代はテスト前日にコーヒー飲んで徹夜!
社会人になっても残業の時はコーヒーが欠かせない!

カフェインと聞くと最初に浮かんでくるのは眠気覚ましになるということではないでしょうか?
その他にもカフェインには様々な作用があります。

まずは、利尿作用。
コーヒーの飲みすぎでトイレが近くなったという経験はありませんか?
ほかにも、集中力を高める、運動能力を向上させるといった効果も明らかになってきています。

 

kiz01m

 

なぜ妊婦にはカフェインがダメなの?

カフェインって良い作用があっていいじゃない!と思いますよね。
ではなぜ妊婦さんがカフェインをとるとダメなのでしょうか。
母体、胎児それぞれに対する影響について詳しく見ていきましょう。

《 母体への影響 》
カフェインには尿と一緒に体内のカルシウムを排泄する作用があります。
このためカフェインを大量に摂取することで骨粗鬆症のリスクが高まります。
また、カフェインには鉄の吸収を妨げる働きもあります。
さらに、妊娠中はもともと生理的に貧血になりやすい状態なので注意が必要です。

《胎児への影響》
カフェインには胎児の中枢神経を覚醒・興奮させる作用があります。
妊娠中のカフェイン摂取は流産や低出生体重児の原因になると言われています。
また、発達障害の原因になるという研究結果もあります。

 

コーヒーは1日何杯まで飲めるの?

妊娠中はカフェインのとりすぎはダメ!と言っても全く飲まないのは逆にストレスになってしまいますよね。

世界保健機構(WHO)では「妊娠中に飲むコーヒーの量は1日3~4杯にすべきである」と言われています。
ですが、実際はどのくらいのカフェインが赤ちゃんへの影響を及ぼすのかははっきりとわかっていません。そのため、国によってその基準値は違います。

例えば1日の摂取量で比べると、アメリカは200㎎、カナダは300㎎、オーストラリアは300㎎と国によって違います。

日本には明確な基準はありませんが、一般的には1日150~200㎎(1杯~2杯)くらいまでというのが目安になっています。
でも不安な場合は医師に相談してみるのが1番ですね。

 

04カフェ

 

ノンカフェインの飲み物も活用してみて!

妊娠前は毎日たくさんコーヒーを飲んました!という人には1日1~2杯の量では物足りないかもしれません。
今は、デカフェと呼ばれるノンカフェインのコーヒーも多く売られています。
有名な専門店でも、スタバやタリーズなどではデカフェのコーヒーを楽しむことができますよ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*