3.妊娠中にとるべきビタミンは?

妊娠中に必要な栄養素は?

妊婦はバランスの良い食事をとりなさい!とは昔から言われていますね。
必要な栄養素とは主に次のようなものです。

タンパク質は胎児の体を形成するために欠かせないものです。

脂質はとりすぎると体重増加の原因になります。しかし、不足すると胎児が低出生体重児になったり、早産になるリスクもあります。

鉄は貧血になりやすい妊婦さんには欠かせない栄養素です。

カルシウムはもともと日本人には不足しがちな栄養素と言われています。不足すると骨粗鬆症などの原因にもなるため積極的に摂取しましょう。

最後にビタミン類!ビタミンAやC、Dなど様々なものがあります。名前は知っているけど詳しい要素はわからないというものも多いのではないでしょうか?

詳しくは次の項目で見ていきましょう!

妊婦に必要なビタミンは?とりすぎや不足による影響は?

一つ目は葉酸!ブロッコリー、ほうれん草、いちご、納豆などに多く含まれています。
えっ葉酸ってビタミンなの?と思われる方もいるでしょう。

葉酸は水溶性のビタミンであり、妊娠初期の胎児の発育には欠かせないものです。
葉酸が不足すると胎児の二分脊椎や神経管閉鎖障害などのリスクがあります。妊娠前から摂取することも大切です。
また、葉酸はビタミンB12と協力して血液をつくる手助けもしてくれるため、貧血予防にも効果的です!

03納豆

二つ目は、ビタミンA。
レバー、うなぎ、にんじんなどに多く、胎児の皮膚や粘膜の形成に必役立ちます。
ただし、とりすぎると水頭症や口唇裂などの催奇形の原因になるとの報告もあるため注意が必要です。

03にんじん

三つ目はビタミンD。
知っている方もいると思いますがビタミンDはカルシウムの吸収を手助けしてくれます。
ビタミンDは魚に多く含まれていますが紫外線により活性化されます。
そのため、妊婦さんも適度に日光を浴びることが大切です。
ビタミンDが不足すると胎児の骨形成に異常をきたすことがあります。

03太陽

 

1日3食、バランスの良い食事を!

妊娠中は今まで以上に食事に気をつかうことが多いですね。
ビタミンが、カルシウムが・・・と言って同じものばかり食べすぎると栄養が偏ってしまいます。
基本は一汁三菜!いろいろな食品をとりましょう。

03和食

Lara Republi (ララリパブリック)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*