2.妊婦は貧血になりやすい!鉄分の多い食べ物は?

02めまい

 

なんで妊婦は貧血になりやすいの?

妊娠すると胎児へ酸素や栄養を運ぶために血液の量が増えます。
血液の成分には血漿(ケッショウ)成分と血球成分があり妊娠中にはこのどちらの成分も増加します。

ですが、同じ量だけ増えるのではなく、血漿(ケッショウ)量の方が血球量より増える量が多くなります。
貧血の原因になる赤血球は血球量の方にあてはまります。
そのため、体内の貯蔵鉄が不足して鉄欠乏性貧血になりやすくなります。

貧血になるとどうなるの?

妊娠中は生理的に貧血になりやすいです。多くの場合は無症状です。

しかし、貧血が重篤な場合は母体や胎児に影響を与えることがあります。
妊婦さんに起こる症状としては、めまい、息切れ、顔面蒼白などがあります。

また、胎児への影響としては、早産や発育不全の原因にもなります。

 

02血液検査

 

貧血はどうやったらわかるの?治療法は?

貧血かどうかを知るためには血液検査をする必要があります。
妊婦健診でも採血をする機会があると思うので必ず受けるようにしてくださいね。
貧血の治療法としては、まず食事療法があります。またはひどい場合には鉄剤の内服をすることもあります。

02赤身

鉄分の多い食品は?

妊婦したら鉄分をしっかりとりなさい!とはよく言われます。では、鉄分の多い食べ物って何があるのでしょうか?

魚や肉類の中では、赤身の肉、貝類、サバ、レバーなどに多くの鉄分が含まれています。
ただし、レバーには過剰にとりすぎると胎児の水頭症や口唇裂などの催奇形の原因にもなるので注意してください。

野菜や海藻類の中では、ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、ひじきも鉄分が豊富です。
また、鉄分をとる際には、タンパク質やビタミンCと合わせると吸収がよくなります。
逆に緑茶や紅茶などに含まれるタンニンは鉄の吸収を妨げてしまうので注意が必要です。

03サプリメント

妊娠中だけでなく産後のためにも鉄分をしっかりとりましょう!

妊娠中に欠かせない鉄分!食事から摂取するのが難しい場合はサプリメントなどを活用するのも一つの方法ですね。
妊娠中に貧血を予防しておくことで出産時の出血やお産後の体の回復にも役立ちます。

美タミーナ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*